ページの先頭です。

本文をスキップしてメニューを読む。

七つの顔を持つ男-寺谷一紀オフィシャルウェブサイト

ページの現在位置:

Top / 公式サイト開設記念対談「寺谷一紀を徹底解剖!!」


公式サイト開設記念対談「寺谷一紀を徹底解剖!!」


あれ? ずいぶんイメージ変わりましたね!

赤崎:
お久しぶりです
寺谷:
そうやね、一年ぶりぐらいかな
赤崎:
なんだか、イメージ変わりましたね
寺谷:
どういう風に?
赤崎:
若々しくなったというか、さわやか
寺谷:
今までがそうとちごたんか!!
赤崎:
いえいえ、決してそういうわけでは…(笑)
寺谷:
まあホームページもリニューアルしたし、心機一転、新たなスタートやね
赤崎:
ホント、活躍の場がずいぶん広がりましたね。寝る時間ありますか?
寺谷:
毎日7〜8時間は寝てるで
赤崎:
すごい!! NHK時代から感じてましたけど、相変わらず要領がいいというか(笑)
時間の使い方が上手ですよね
寺谷:
夜遊びせえへんから、11時すぎたらベッドの中や。健康的やろ(笑)

おだやかそうに見えて、ものすごいエネルギー持ってますよね

in_1.jpg
赤崎:
やっぱり、独立して良かったですか?
寺谷:
そうやね。もちろん不安もあったけど、自分のやりたいことができるという歓びの方が大きかった
いまは、ホンマに良かったと実感してる
赤崎:
普通なら安定を選ぶけれど、そうしないところが大胆というか冒険というか、すごいですよね
寺谷:
昔から、人と同じは嫌いやねん
日本人はみんな一緒やと安心するみたいやけど、ボクは、まわりが何といおうと、自分が信じた道を突き進む
カッコつけるのもいややし、タテマエよりはホンネを大事にしたいし、まあ、やんちゃというか、大阪弁で言う“いちびり”の典型やね(笑)
あと、大きな組織の歯車のひとつでいるよりは、小さくても自分がリーダーになれる環境で生きたい
赤崎:
寺谷さんは、一見おだやかで温厚そうに見えるけど、ものすごいエネルギーを秘めていらっしゃいますね
寺谷:
怒らせたら恐いんやで
赤崎:
それはよく知ってます(笑) でも滅多に怒らないでしょ?
寺谷:
怒るというより、理不尽なことが許せない 
古風といわれるかも知れんけど、義理や人情、礼儀や節度は大切。ポイントはそこやね

やっぱりオーラがあって、嫌われたら運が落ちそう…

赤崎:
会社経営という点でも手腕を発揮されてますけど、大変じゃないですか?
寺谷:
毎日が勉強の連続やね
赤崎:
何かこう、自分の中で変わったという点はありますか?
寺谷:
二つの教訓を学んだね
一つは、人間は失敗してはじめて強くなるということ
もう一つは、人の痛みがわかるようにならないといけないということ
赤崎:
私の寺谷さんのイメージは、NHK時代から、どんな時も順風満帆で、
何をしてもパーフェクトというものだったんですが…
寺谷:
なかなかどうして、そんな人はおらんよ。表に出すか出さへんかの違いやね
でも、今までになかった経験をイヤというほどしたから、それが大きいな
赤崎:
見た目はお若くなったのに、中身は熟成されたんですね(笑)
寺谷:
人生まだ半分やし、これからが勝負やからな
赤崎:
ただ、こういっては何ですが、持ち前の運の強さというのもありますよね
私の知る限りでは、寺谷さんは、最強の運勢の持ち主なんですが
寺谷:
えらい大げさやな(笑) まあしかし、特に信仰とかはないけど、神仏やご先祖様にはつねに感謝してるし、
仕事でおじゃました場所に神社さんとかがあったら、必ずお参りしてご挨拶する
誰に教わるでもなく、昔からそうやってたな
赤崎:
NHKも、寺谷さんがやめたとたん、前代未聞の不祥事続きですものね
寺谷:
それはボクと関係ないと思うけど(笑)
赤崎:
でもやっぱり、寺谷さんってオーラがあるし、嫌われたら運が落ちそう…
寺谷:
君は大丈夫や。結婚披露宴の司会もボクがしてるし(笑) 

こんな先生に教えてもらって、学生さんがうらやましいな

in_2.jpg
赤崎:
大学で教えたり講演をされたりと、先生としても忙しそうですね
寺谷:
教えることは好きやね。自分のスキルアップにもつながるし
赤崎:
寺谷さんなら、学生さんにも人気ありそう。モテるでしょ(笑)!?
寺谷:
ご想像におまかせします(笑)
でも、教え子の中には、テレビ局などのマスコミで活躍している子も何人かいて嬉しいね
先生冥利に尽きるというか、指導したかいがあったなぁと…
赤崎:
今の若い人たちを見ていてどうですか?
寺谷:
意外に真面目な子が多い
小さくまとまっているというか、おとなしい
赤崎:
メディアの世界でやっていくには心もとない?
寺谷:
そうやね。むしろ偏差値が高くて賢い子ほど、この世界で力を出すのは難しいかな
赤崎:
それはどういうことですか?
寺谷:
中途半端にプライドが高いからね
就職なんかで失敗して自分を否定されると、すぐにあきらめてしまう
いきたい世界があるのに、そこから目をそらして、大学院に進学するとか、
留学するとか、いろいろ理由をつけて逃げてしまう
赤崎:
失敗を重ねて、プライドをさらに傷つけられたくないんでしょうね
寺谷:
もっと素直になってほしいね
自分のどこが悪かったのか、何がいけなかったのか、わかっているはずやし
けど、その反省を生かしてやり直すのは、ものすごく勇気のいることやね
まさに自分との戦いで、もがき苦しむことになると思う
でも、一度蹴られた会社をまた受けて、成功するケースもあるんやで

人と人とのコミュニケーションって、すごく大切ですよね

赤崎:
寺谷さんは、人当たりが良さそうに見えても、好き嫌いは激しいですよね
寺谷:
痛いところを突くなぁ(笑) たしかに、ストライクゾーンは狭いね
赤崎:
どういう人が好きなんですか?
寺谷:
まず表裏がないこと。ホンネでものをいってくれる人がいいな
あと、ユーモアとインテリジェンスの両方を持っている人。これは、なかなかいないと思うけど…
赤崎:
逆に、嫌いなタイプってありますか?
寺谷:
対話をせずに、一方的にものごとを決めつけたり、思いこみで行動する人
赤崎:
たしかに、コミュニケーションって大切ですよね
寺谷:
ボクがいま一番大事にしているのがそれ
経営している会社内にも、ボクが考えた、コミュニケーションの“五箇条”を額に入れて張ってある
赤崎:
どんな内容なんですか?
寺谷:
“誠意ある自分のことばで”“相手の気持ちをよく考えて”“主語と述語を明確に”
“具体的にわかりやすく”“組み立てを考えて”伝えよう、というもの
赤崎:
全部できたらすごいですね
寺谷:
もちろん、完璧にやれとはいわない。意識するだけでも効果はあると思うし
とにかく、意志の疎通がなければ、どんなこともうまくいくわけがない
特に恐いのが“思いこみ”やね。状況というものは、どんどん変わっていくし、
予想外の展開になることもある。そういう時に、自分だけで勝手に行動すれば、
まわりにも大きな迷惑をかけるかもしれない
たとえ苦手な相手でも、コミュニケーションは最低限のルールやね
赤崎:
なんだか、厳しい“社長の顔”になってきましたね(笑)
寺谷:
いうとくけど、ボクは“鬼社長”やないで(笑)
神様やないねんから、ボクが失敗することもあるし、偉そうにはできん
だからみんなに、一度は失敗してもかまへんで、萎縮せんでもええ、というてる
リセットして、一から出直す気持ちがあれば、むしろそれを評価したいな

さすが、生まれながらのエンターテイナーなんですね

赤崎:
それにしても、寺谷さん自身、本当にお話がわかりやすいですよね
寺谷:
何といっても、口から生まれた大阪人やからな(笑)
赤崎:
最後に、アナウンサーとして心がけていることを教えてください
寺谷:
どんなときにも“サービス精神”だけは忘れない、これにつきるね
視聴者にもスタッフにも、みんなに喜んでもらえるような仕事がしたい
赤崎:
根っからのエンターテイナーなんですね
寺谷:
亡くなった母がタカラジェンヌやったから、そのDNAを受けついでいるのかな
アナウンサーに限らず、自分がいま関わっている仕事はすべて、どんな小さなものであっても、
喜んでもらってナンボやと信じてる
どれだけたくさんの笑顔をつくれるか、これからがホンマの真剣勝負やで!! 
2007年8月ウエスティンホテル大阪にて
2007年8月 ウエスティンホテル大阪にて

赤崎加林プロフィール

赤崎加林

聞き手/赤崎加林(あかさきかりん)

兵庫県西宮市出身。同志社大学・法学部卒。
NHK大阪放送局でキャスターやリポーターとして多くの番組を担当。
「とっておき関西」では寺谷一紀のアシスタントをつとめる。
現在も、関西を中心に、民放のテレビ・ラジオなどで活躍中。
主なレギュラーは、
「ラジ関モーニング」(ラジオ関西) 「ダンティサタデー」(ABC)
「グローバルアイ のむらっ娘クラブ」「住まいりんぐ」(CATV)など。
特技は中国語。趣味は絵手紙・旅・お酒・お茶・仏像めぐり。


このサイトについて | 個人情報保護方針 | アクセシビリティ | サイトマップ

Counter: 11506, today: 1, yesterday: 0

Powered by PukiWiki. Mode: Administration View: highcontrasted. Last-modified: 2008-02-28 (木) 22:25:43 (3555d) RSS