めざせ奇跡の50代 魅力ある中高年の作り方めざせ奇跡の50代 魅力ある中高年の作り方

誰でも変われる、無理なく変われる

2018年、このウエブサイトを新しくしてから多くの方に言われました。
「プロフィールの写真、いつのですか?」
若いときの写真を使っているのではと疑われていたようです(笑)
実際、私の場合、40代のときより50代の方が若返っていると思います。エステに通ったわけではありません。サプリを飲んだわけでもありません。ちょっとしたライフスタイルの見直しで、奇跡の50代が実現しました。誰でも無理なく、魅力ある中高年に変身することが出来るのです。

2018年7月、54歳と2ヶ月時点での撮影です

変わるきっかけは生活習慣病

きっかけは、長年悩みに悩んでいた「生活習慣病」でした。
私は20代の頃から血清脂質が異常に高く、高脂血症と診断されていました。中性脂肪が900を越えたこともあり、さすがに命の危険を感じました。コレステロールも尿酸も高く、30代の半ばから薬を飲み続ける毎日。それを克服しようと、50代に入ってからウオーキングを始めました。ジムにも通い始めました。それまで運動など全くしてこなかったのにです。「薬をやめたい」––とにかくその一心で取り組みました。

歩いて歩いてとにかく歩く

まず心がけたのは、ひたすら歩くこと。それも散歩ではなく早歩きです。
とにかく10分、15分と継続して、脇目もふれずにガシガシ歩くのです。暑いときや天気の悪いときはジムのランニングマシーンが強い味方です。仕事やプライベートで出かけているときも、街中や郊外や山野を歩きます。車でばかり移動していたライフスタイルから、まさに180度の大転換です。これだけで、血液検査の数値はみるみる改善していきました。と同時に、見た目などにも嬉しい変化が徐々に現われてきたのです。

公園や郊外の遊歩道は絶好のコースです

並行して筋トレにもチャレンジ

人間、結果が数字に出ると嬉しいものです。薬を断つことにも成功しました。
こうなると更に上を目指したくなります。楽しくなってくるのです。そこで目を付けたのが「筋トレ」です。ジムのマシンと格闘の始まりです。学校の体育の授業以外では、運動など全くやって来なかったこの私が、まさか筋トレにはまるとは、自分でもいまだに信じられません(笑)
週に一回のペースで専門のトレーナーについて、大汗かきながらの60分。ベンチプレスから懸垂、腹筋まで、まさに本格的なトレーニングです。

全国レベルでの優勝経験を持つ著名なトレーナーの厳しい指導を受けています

奇跡の体脂肪率8.5パーセント

筋トレを始めて半年あまり、ジムの体組成計に乗ってビックリしました。
体重はほぼ変わらず、筋肉量だけが増えて、体年齢は35歳と出たのです。体脂肪率も8.5パーセントを記録。これはアスリート並みの数値です。見た目でも、腹筋のタテのラインがはっきりと浮き出るようになり、ウエストも細くなって、ズボンのサイズが二回りも変わりました。食べ物の質を変えたわけでも、お酒の量を減らしたわけでもありません。ウオーキングと筋トレを並行して取り組んだのが効果的だったようです。

体脂肪率は、ひとケタ台になりました
身長178cmで体重68kgをキープ中です

ライフスタイルにも変化が

この成果は、私のライフスタイル全般にも大きな影響を与えました。
まず何よりも、着るものを選ぶのが楽しくなってきたのです。それまでとは打って変わって、体のラインがはっきり出る細身のデニムなど、なるべく若づくりなファッションを意識して選ぶようになりました。といっても予算は限られていますから、アウトレットに出かけていき、お気に入りのブランドを決めてまとめ買いという作戦です。
ちなみに、「ヒューゴボス」「ジョセフ」「リプレイ」などが私の定番です。

ジョセフのポロシャツにリプレイのデニム
ラルフローレンのTシャツにボスのデニム

魅力的な中高年の作り方教えます!!

これからの超高齢化社会、50代や60代はまだまだ若く元気でいなければ日本全体が沈没してしまいます。そのために出来ることは何か。
無理をして運動したり、高いお金を出してエステやサプリを試さずとも、ちょっとした工夫とモチベーションで人生を変えることができるのです。私の場合、食品添加物や医療の知識を取り入れながら、あくまで自然体で、奇跡的な変身を実現したと自負しています。
こうした話題は私の番組でも取り上げ、大きな反響をいただいています。百聞は一見にしかず。魅力的な中高年の作り方をレクチャーしますので、講演やセミナーなどお気軽にご用命ください。

番組のアシスタントも筋トレが趣味という、まさに健康志向の生放送が好評です